Inジャズライブ

けっこう急なライブ

12/1(土)三鷹のUNA MAS http://www.unamas.jp/index.htm ドラマー、田鹿 雅裕さんのグループで演奏します。メンバーは、川上さとみさん(ピアノ)、吉田 豊さん(ベース)です。川上さんとは前に、一年ぐらい、同じ店で月に1〜2回演奏したことがあります。
吉田さんとは何回か僕のバンドで一緒に演奏した事があります。田鹿さんだけ今回始めてですが、多くのミュージシャンが揃って絶賛しています。非常に強力な面子なので楽しみです。
三多摩地区にお住まいの方、是非聴きに来てください。
Inリンクについて

リンクについて

左下にあるリンクに入っている人たちの紹介。

Re-Trick

僕が教えに行っている音楽学校を出た4人組バンド。ジャムバンドとかいうカテゴリーに入るのかな? 全員確かな技量を持ち、ギブソン・ジャズギターコンテストにも入賞している。オリジナル曲を演奏し、その作編曲能力も高い。
来月、新宿ピットインに出演するらしい。
まだ全員20代だし、ホントにがんばってもらいたい。


加藤 英介(P)

横浜在住の俊英ミュージシャン。
12年前に僕のバンドに参加してもらった時からの付き合い。
独創的な発想と優れたテクニックを合わせ持つ。
人間性もかなり独特。外国人ミュージシャンに受けが良いところから思うに、本当は向うでやったほうがいいタイプなのかも。


本田 和典(Dr)

とても優しい本田さんには、ニューヨークにいた時、家族全員で非常にお世話になった。
現在故郷の大分に帰られて、自分のお店を経営すると同時に九州全域で演奏活動をしておられる。
ツアーで共演してきたミュージシャンの評判は良く、なかには絶賛している人もいるそうだ。また是非何かの機会で一緒に演りたいと思う。
In自然

浦安の秋
爽やかな週末でしたね。このあたりは浦安の海岸近くです。ここだけ花火大会のための土地が確保されてます。が、直ぐ近くまでマンションが迫っていて、毎月景色が変わっています。いつまであるかわかりませんが、ここが僕の野外練習場です。
Inホビー

マニア

京葉線1京葉線2京葉線3
先日、最寄りの京葉線のホームに上がったら、長いレンズ付きのカメラを持った男達が大勢いた。アキバ系のアイドルでもいるのかと思って、彼らがカメラを向ける先を見るとフツーの電車が止まっていた。良く見ると窓の形とか少し変わっている。
横にいた50代後半ぐらいの優しそうなおじさんに(自分もおじさんだけど)「この電車は何なんですか?」と聞いてみた。これは京葉線の新型車輌で、真ん中の写真に見られるように車輌と車輌の間に台車があったり、色々な新技術が取り入れられているらしい。今年6月から土日だけ一編成のみ営業運転を開始したが、色々なトラブルが出てすぐ外されたそうだ。今から大宮まで機関車で運ばれて検査を受けるらしい。「どうしてみんなこれが来ると判ったんですか?」と聞くと「恐らくJR内部の人がネット上に何時何分にどこどこの駅に来るという情報を流したのでしょうね。」と言っていた。 たかが検査を受けに行くだけの電車にこれだけの人が平日の真っ昼間に集まるとは、やはり鉄道マニアは凄い。

小学生までは鉄道ファンだった僕は3年生の時、父に連れて行ってもらった秋葉原の交通博物館の強烈な記憶がまだ残っているが、今それはそこには無く、14日に新しい地で再オープンする。

In森近 徹カルテット

目黒Jay−J’s Cafe その2

久しぶりにソプラノを使いました。河原さんはエレベに持ち替えています。ウェイン・ショーターのアナマリアを演奏しているところです。
ピアノの大口さんの凄いところはハーモニー感だと思います。素晴らしい地音とミックスされ何とも言えない綺麗な背景を作ってくれます。(アントニオ・カルロス・ジョビン的)
ソロも凄いです。良く聞いていると全然知らない世界へ連れて行かれます。
この人たちと個々では良くやっていましたが、三人一緒というのは初めてで(おそらくピアノトリオでも無いと思う)何か特別のサウンド、可能性を感じたので、このまま基本的にはやって行こうと思います。

In森近 徹カルテット

目黒Jay-J's Cafe 続き その1

火曜日のライブの写真を友人の高橋 潤士君が送ってきてくれました。有難う!
本当はラッカーが剥げてかなり渋くなってるのですが、随分実物よりきれいに見えます。1960年ごろつくられたSelmer Mark6です。マウスピースはものすごく古いオットーリンクで60〜80年!位前に作られた物と思われます。別にビンテージマニアではないのですが、アルトサックス奏者の小川高生君のお陰でそれぞれ比較的たやすく手に入りました。それほど楽器にこだわりのあるタイプではなくて、最近はなんだか日本製の楽器も吹いてみたいなぁと思ったりもします。


ベースの河原さんとは最初アメリカへ行った時からの付き合いで、かれこれ30年ぐらいになります。いつも愛情のある厳しい一言を貰ってます。ああいうグルーブ感はなかなか他の人には出せないです。それと河原さんの良いところはニュートラルであること、自分のベースラインによってある特定の音楽を示唆させない、自分のカラーを必要以上に出さないことではないかと思います。そのため共演者は、しっかり自分の音楽を出さなければならないが、同時に大きな自由も獲ることができるのです。
ドラムの吉岡君は若手の期待株で、すでに自分のファンクバンドを持つなど非常に活躍してます。理知的かつ良いグルーブ感を持つドラマーだが、もうひとつ非常に綺麗なトーンを持っている事が彼の強みです。
In森近 徹カルテット

昨日はご来場ありがとうございました

ステージJay-Js
多数(?)来て頂いて本当にありがとうございます。
リハから最後まであわただしくて、こんな写真しかありませんが一応のせておきます。
もし写真をいただければ、UPしたいと思います。(もちろん了解を頂いた後に)
音響、バランスの問題とかいろいろありましたが、最後までいい雰囲気で演奏できて
とりあえず良かったです。(お客さまと素晴らしいバックトリオのおかげです。)自分のバンドは基本的にこのメンバーで行こうと思っています。Jay-J'sもまたやらせて頂けそうです。そうとう先になりそうですが、またお知らせします。次のライブは10/18(木)米田バンド Kenny'sです。
In森近 徹カルテット

ライブのお知らせ

9/25(火)目黒Jay-J's Cafeで4年ぶりに自分のバンドによるライブをやります。

メンバーは大口純一郎(P) 河原 秀夫(B) 吉岡 大輔(Ds) いずれも日本を代表するジャズミュージシャン達です。ジャズのスタンダード曲とオリジナル曲をお聴かせしたいと思います。


昨日、偉大なグループWeather Reportのリーダーだったジョー・ザビヌル氏が亡くなったと新聞に書かれていました。ご冥福をお祈りしたいと思います。
もうマイルスやジャコと会えたのでしょうか?
彼の曲を何か演奏させてもらいたいと思います。


演奏は19:45〜21:45〜の2回 ミュージックチャージは¥2500です。
是非お越し下さい。






In自然

ふと空を見ると、ドキッとする雲が時々ある。特に台風が近づいている時は、普段は絶対目にしないような異形の雲やカラフルな雲の列が見えて楽しい。


浦安の海岸の近くに行った時撮った。なんとも変な形。こういうのが積乱雲とかになるのかなと思ってしばらく見ていたら、すぐ上の部分が取れてごく普通の雲になった。


教えに行っている代々木の音楽学校から撮った。
上層の天井みたいな雲を突き上げるような暗い積乱雲?×2が面白い→













3年前の9月、家の前で撮った。空の色が素晴らしかった。もうすぐこういう雲も見えるようになるんだろう。