友人の書道家、平井 秀子さんの個展“deco展”を見に先月鎌倉へ出かけた。

平井さんは、万葉集や古今和歌集の名歌をいろいろな書体で書き分けるテクニックや、変体文字を駆使して、
独自の世界を作っている。その自由さを大いに楽しませてもらった。
一つ気に入った作品があり、購入させて頂いた。
古今和歌集 巻第六 冬歌にある紀貫之の和歌
ゆきの木にふりかかりけるをよめる つらゆき
冬ごもり思いかけぬをこのまより 花とみるまで 雪ぞふりける
色々な解釈ができそうなこの美しい歌は大好きだ。
また大胆な変体文字は最初全然分からないけど、だんだん判読できるようになるのもおもしろい。
なによりも繊細な平井さんの字体が気持ちよく、癒される。
ギャラリーを辞した後はやはり鎌倉、江ノ島観光。
この辺のパワーはやはり強力。