お寺で個展

0
     美術家ホルモン関根さん(関根 寛二さん)の個展に5/17(金)参加してきました。
    いろいろ不確定なことがあって、ブログなどでお知らせ出来なくてすみません。
    彼の絵は明るく、優しく、希望に満ち溢れた感じで、とても心休まります。
    26日(日)まで開催していますので、お気軽にお越し下さい。


    http://www.zuisho-ji-arts.net/?p=489


    ホルモンさんが、イタリア人の友人のカメラマンと制作した、映像作品。
    バックに僕のCD“Another Worldから2曲使用されています。

    ソロテナー

    早乙女 和完さんとのDuo  録音しておけば良かった!

    ホルモン関根 “あおひとくんブログ” 

    丹羽 陽太郎さん

    0
       

      先週のモーションブルーに続き今週もチャレンジングなライブがあります。
      12/1(土)東京木場のGallery COEXISTーTOKYO で、アーチスト丹羽 陽太郎さん
      のトークイベントに出演し、彼の作品の前で即興演奏をすることになりました。
      まだ内容については、丹羽さんが企画中で、とんでもないハプニングも起きるかもしれません。

      丹羽さんの作品は、展示する環境とその変化との関係を考慮しつつ、自分の今住んでいる辺りの要らなくなったものや工業製品、落ちているものをモチーフにして、そこから何が出来るかを考え、即興的に作品を構築していく、というようなものです。
      作曲やアドリブと近いものがあり、見させてもらった2つの作品は非常に興味深かったです。

      作品から受けるインスピレーションをもとにして、自由に演奏を楽しみたいと思います。
      是非気軽にお越し下さい。
      イベントは18:00ぐらいから、僕の演奏は20:00ぐらいから予定されています。

      丹羽 陽太郎 作品


      ゴッホ展

      0



        Kenny’sのマスターに券をもらったので(有難うございます。最高の現物支給)、六本木国立新美術館のゴッホ展 私はこうしてゴッホになった に行ってきた。
        マスコミにとりあげられているし、パンフレットにも書いてあるのだが、ゴッホが独学でビゼーを初めとする先達を尊敬し模倣し、印象派など周りの凄い画家からの影響をもろに受けそのまま作品に反映させながら、いかにしてあの独自の線と色彩と強烈な説得力を得たかを検証するという壮大な展覧会である。
        一番驚かされたのは27歳で画家になることを決意した直後の稚拙なビゼーの模写だった。よくこの線と描写力で27で決意出来るなという感じである。ここからわずか10年たらずで神の領域に達するわけである。いろいろ考えさせられずにはいられない。

        もうひとつ驚いたのは広重を初めとするヨーロッパに渡った数点のゴッホにも影響あたえた浮世絵だった。順番にずーとヨーロッパ人の絵画を見てきたあと急に浮世絵を目にすると、その大胆な構図、スケール感、色彩、緻密な描写、そしてポップ性、同時代なのに全然先を行っている感じがした。
        鎖国していてこれだから、同じ日本人のDNAを持っていることに誇りを覚えた。(でも自分はゴッホ系かもしれない。失礼!笑)
        まあ浮世絵の人達も西洋絵画をかなり研究していたらしいから、どっちもどっちかもしれない。

        ゴッホ展は今月20日まで。



         その後けやき坂へ。
         すみませんツリー好きなもんで。



























        1

        calendar

        S M T W T F S
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << October 2017 >>

        ライブスケジュール

        9/3(日),10/22(日) 西荻窪アケタの店 米田 正義(P)クインテット w/滝野 聡(G),横山 裕(B),野崎 正紀(D) 8/29(火) 小太刀のばらグループ w/宮野 裕司(As),横山 裕(B).野崎 正紀(P)

        試聴

        https://myspace.com/morichika-snow/music/songs                                             

        リーダーライブ

        8/18(金)市川h.s.trash w/田村 和大(P),佐久間 高広(B),田村 陽介(Ds) 9/1(金)希望ヶ丘Cask w/田村 博(P),安東 昇(B),飯野 工(Ds)

        CD“Another World”直接販売と連絡先

        Another World (ISAR-001) 価格2,500円(税込) tmorichika@outlook.jp まで必要事項を明記の上お申し込みください。 折り返し振込先をご連絡いたします! ・お名前 ・ご住所 ・電話番号 (緊急連絡時にのみ使用いたします) ・枚数 その他の連絡もこのアドレスをお使い下さい。

        レッスン

        現在サックスレッスン、ポピュラー音楽理論、アンサンブルなどの授業を代々木TRADS FAN OF MUSIC http://trads-fan.info/で行っています。ご希望の方は上記連絡先か、Tel : 03-6383-3802 (12:00〜21:00)mail : support@trads-fan.infoまでお申し込み下さい。

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recommend

        Pres & Teddy [Analog]
        Pres & Teddy [Analog] (JUGEMレビュー »)
        Lester Young,Ted Wilson
        やっぱり年だなと思う。
        こういうのしか聴かなくなってきた。
        でもやっぱりこれだよねと思う。

        recommend

        Another World
        Another World (JUGEMレビュー »)
        森近 徹クインテット
        2012/1/11発売開始しました。
        初日22.731位 米田CDのはるか上を行きました(笑)タワーレコード,
        ディスクユニオンなどCDショップでも発売開始です。

        recommend

        Music for Prancing
        Music for Prancing (JUGEMレビュー »)
        Warne Marsh
        25年ぶりにレコードを買った。

        アマゾンではなく、ディスクユニオンで、中古日本製作重量盤で1300円だった。

        盤面にキズも無く、素晴らしい音質で、こんなに安く買えて驚きだ。

        6曲しか入ってないしそれぞれの演奏時間は短いのだけど、この充実感はなんなんだろう!

        recommend

        知床らうす・ニューヨーク 詩・画集
        知床らうす・ニューヨーク 詩・画集 (JUGEMレビュー »)
        さとう 北舟
        ボストン・ニューヨーク時代、大変お世話になった、画家のさとう北舟さんの本。2人揃って今までの集大成的な作品を2011年という年に出した事に何か因縁を感じる。
        絵、デザイン(息子さんが参加)、詩、全て素晴らしい。

        recommend

        Try To Remember
        Try To Remember (JUGEMレビュー »)
        浦千鶴子
        ハイパー・ディーバ、浦千鶴子のソロデビューCD。素晴らしい出来のジャズアルバムだが、この人の本当のポテンシャルは1枚のCDでは収めきれないのかもしれない。
        http://www.youtube.com/watch?v=AE8vL3DrLuk

        recommend

        4
        4 (JUGEMレビュー »)
        川村 毅
        高校で同級生だった川村 毅の新作。
        非常に重い主題だが、戯曲であるという事と、トリッキーな展開で、誰にでも伝わり易く、誰もが深く考えなければならない内容となっている。

        recommend

        自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間”を捨てられるか (青春文庫)
        自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間”を捨てられるか (青春文庫) (JUGEMレビュー »)
        岡本 太郎
        娘から紹介された(笑)素晴らしい本!
        いやぁ勇気をもらいました。
        アバンギャルドとか進化とか、美についての考え方は自分と違うところもあるが、現代でも通用するし今の世界に必要な本だと思う。

        recommend

        今日の芸術―時代を創造するものは誰か (光文社知恵の森文庫)
        今日の芸術―時代を創造するものは誰か (光文社知恵の森文庫) (JUGEMレビュー »)
        岡本 太郎
        上の本に続いて、読んだ。

        今までこの本の存在を知らなかった自分が信じられない。

        若い人達に是非読んでもらいたい。

        自分の考えと違うところも多いので、何回も読み返して検証をしている。

        結局洋の東西にかかわらず、ずっといつも行き詰っていること、日本という国の本質は江戸時代からほとんど変わっていないが。奈良時代や平安時代とは違う事

        欧米だって、別にイタリア、フランスなんかでも元々の文化があったわけでは無く、全部外から取り入れたもので近代化した、つまり日本と余り変わらない、などの見解が新鮮だった。

        これ60年前の本?

        recommend

        アンリ・マティス ジャズ (岩波アート・ライブラリー)
        アンリ・マティス ジャズ (岩波アート・ライブラリー) (JUGEMレビュー »)
        カトリン ヴィーテゲ
        マティスのジャズは昔から好きで眺めていたが、この本は絵に添えられたマティス直筆の大きく独特の字体のテキストと、その日本語訳が載っていて非常に楽しめる。

        recommend

        Original Album Classics
        Original Album Classics (JUGEMレビュー »)
        Sonny Rollins
        ロリンズは一般の方に対する趣向とは違うと思うが、ミュージシャンはRCAの時代(1960年代初期)が好きな人が多いと思う。ロリンズのソロは今聴いても新しく聴こえるし、逆にジャズはこのあたりで進化は止まったなと思う。まあ進化ってのは無いらしいが。

        recommend

        どうして弾けなくなるの?: <音楽家のジストニア>の正しい知識のために
        どうして弾けなくなるの?: <音楽家のジストニア>の正しい知識のために (JUGEMレビュー »)
        平 孝臣
        ミュージシャンにとって恐るべき病気ジストニア。患者はミュージシャン10人のうち1人はいるという。
        大変な高率、人数だと思う。
        音楽学校はこの本を副読本にして、この病気に対する講座を設けるべきだと思う。それが出来なくても、教師が生徒たちに、もし指や口に妙な違和感や脱力感が出た場合は、即刻演奏や練習をやめるように指導するべきであろう。
        スペインにあるような専門の治療院が、日本にも出来る事を望む。

        recommend

        アンリ・カルティエ=ブレッソン (「知の再発見」双書)
        アンリ・カルティエ=ブレッソン (「知の再発見」双書) (JUGEMレビュー »)
        クレマン・シェルー
        カルティエ=ブレッソンにとって写真はジャズのアドリブ、デッサンは作曲に近いものだったようだ。
        優れた解説書であると思う。
        が、この種の本としては、やけに小振りで、見開き写真の折り目のところに重要な人影があったりして、非常に見にくい。
        図書館に大きな写真を見に行くことにした。

        recommend

        池上彰の宗教がわかれば世界が見える (文春新書)
        池上彰の宗教がわかれば世界が見える (文春新書) (JUGEMレビュー »)
        池上 彰
        自分も無宗教で有るとは言えない事が判ったし、宗教アレルギーになりがちな我々の世界の概念を変えてくれる本。

        recommend

        FUZZ JAZZ
        FUZZ JAZZ (JUGEMレビュー »)
        関根彰良
        昔、僕のバンドなどで一緒にやっていたギター関根彰良のファーストアルバム。かなりロック、ファンク色の強いトリオ編成の合間にアコースティックギターやフラメンコギター!によるソロ演奏が入るが、全く違和感なく、全体として一つの大きな物語を為している。最終曲がユニコーンっていうのにはちょっと参った。(良い意味で)

        recommend

        コルトレーン――ジャズの殉教者 (岩波新書)
        コルトレーン――ジャズの殉教者 (岩波新書) (JUGEMレビュー »)
        藤岡 靖洋
        新聞の書評で見て、岩波新書から出たことに驚いたが、今更別にいいなと思っていた。この前本屋にぶらっと行った時、やはり気が付いたらこの本の前に立っていて、手に取ってしまい、引き込まれてしまった。
        関係者の取材など非常に良くされていて、コルトレーンの別の面を見せてもらった。
        黒人奴隷制、公民権運動などアメリカ近代史も学べるのも岩波新書ならでは。
        音楽理論的解説には多少誤りがある。

        recommend

        オングリーンドルフィンストリート
        オングリーンドルフィンストリート (JUGEMレビュー »)
        米田正義トリオ&クインテット
        マスター!ようやくアマゾンの写真出ました。149,738位だそうです。そんな順位ってあるんだ!?

        recommend

        I'm Here In My Heart
        I'm Here In My Heart (JUGEMレビュー »)
        6-North
        島氏からメールがあったので、数少ない森近徹参加CDを挙げます。残念ながら写真はありませんが、(近々スキャンしてアップします)
        凄い!ユーストの価格が3倍になっている!?

        recommend

        Live at the Montmartre Club: Jazz Exchange, Vol. 1
        Live at the Montmartre Club: Jazz Exchange, Vol. 1 (JUGEMレビュー »)
        Warne Marsh & Lee Konitz Quintet
        一般的にも、ジャズファンのなかでもあまり知られていないがテナーサックスの巨匠ウォーン・マーシュのおそらく最高傑作。共演しているリーコニッツとともに、こんな真にクリエイティブな人達はなかなかいないと思う。レコードで持っているが、Vol.2があることを知り欲しいと思ったが廃盤らしく、中古は凄く高い。
        僕はこの人のライブをボストンで聴いた。でも残念ながらその時はホントにガキだったので猫に小判状態で何がいいのか全然判らなかった。

        recommend

        ヘンでいい。―「心の病」の患者学
        ヘンでいい。―「心の病」の患者学 (JUGEMレビュー »)
        斎藤 学,栗原 誠子
        精神科医とその元患者の対談を、フリーライターでもある元患者が纏めたという珍しい本だが、いろいろ新しい考え方を提示していると思う。現在生き苦しさを感じるとすれば、相変わらず世の中の一元的な考え方に支配されやすいからなのかもしれない。学校で教えるということにも参考になるし、僕自身もこの本を読んでほっとするところがあった。

        recommend

        GELATIN SILVER SESSION―21世紀の銀塩写真
        GELATIN SILVER SESSION―21世紀の銀塩写真 (JUGEMレビュー »)
        ゼラチンシルバーセッション実行委員会
        この本を読むまで、写真というのはタイミングとか構図とか露出とかが全てだと思っていた。(お恥ずかしながら)その後、化学反応による現像、焼きつけ作業でここまで写真が別の物になるとは!?
        同じネガでも人によって全く違う世界になるのが非常に興味深い。
        音楽やらなきゃいけないので、銀塩写真には手を出せないけど、自分で撮ったデジタル写真をPCで修整するようになった。

        recommend

        ハブ・トーンズ+3/フレディ・ハバード[CD]
        ハブ・トーンズ+3/フレディ・ハバード[CD] (JUGEMレビュー »)
        フレディ・ハバード氏(Tp)が
        12/29に70歳でお亡くなりになりました。復活の噂も伝え聞いていただけに、もうあの音を生で聴けないと思うと非常に残念です。慎んでご冥福をお祈りいたします。

        recommend

        フットプリンツ―評伝ウェイン・ショーター
        フットプリンツ―評伝ウェイン・ショーター (JUGEMレビュー »)
        ミシェル マーサー
        ジャズ黄金時代からの数少ない生き残りの一人。唯一無二、超弩級ミュージシャンの評伝。
        賛辞、ヒストリーだけではなく、生々しい他のミュージシャンとの関わり、時にはネガティブとも思える記述もあり、興味深い。

        recommend

        細野晴臣分福茶釜
        細野晴臣分福茶釜 (JUGEMレビュー »)
        細野 晴臣,鈴木 惣一朗
        この本の細野さんの言葉で一番好きなものは、音楽をつくっているときの孤独はつらいものじゃないですよね。の問いに、「もちろんだよ。楽しくてしょうがない。地球が相手というか。盛り上がるよ。」です。

        recommend

        Relaxin'
        Relaxin' (JUGEMレビュー »)
        Miles Davis Quintet
        高校生の時初めて買った(買ってもらった)ジャズレコード。最近ライブで”You're My Everything”をやりたくて、コードを調べるために聴いたんだけど、全く役にたたなかった。僕が思うに、おそらく、この人たちはコードうろ覚えでレコーディングしている!多分。耳で聴いて探りながら演奏していると思う。
        この頃のコルトレーンが昔から一番好き!

        recommend

        マーラー:交響曲第3番
        マーラー:交響曲第3番 (JUGEMレビュー »)
        ショルティ(サー・ゲオルグ),ミントン(イヴォンヌ),デルネシュ(ヘルガ),シカゴ交響女声合唱団,グレン・エリン少年合唱団,マーラー,ウィンフィールド(ジェームズ),ラオ(ドリーン),シカゴ交響楽団
        マーラーの交響曲と言えば、映画「ベニスで死す」のテーマになったアダージェットが入った第五番が有名だが、この第三番も素晴らしい。
        6つの楽章(本当はもう一つあったらしい)からなる、おそらく最長(演奏により大きく違うが100分!ぐらい)の交響曲。
        それぞれの楽章には強烈な個性があるが、そのつながり、関連性はどちらかというと希薄。
        現代の評論家の中にも「余りにも馬鹿げた曲」と評する人がいるぐらいマーラーらしい曲。
        ちょっと病的な音楽が好きな人には特におすすめ。

        recommend

        グレン・グールド発言集
        グレン・グールド発言集 (JUGEMレビュー »)
        グレン・グールド,ジョン・P.L.ロバーツ,宮澤 淳一
        20世紀最高の知性と強烈な個性を合わせ持った奇才ピアニスト。コンサート活動を止めてレコーディングに専念したことは有名だが、他人の音楽も演奏会で聴くことに堪えられず、レコードで聴いていたそうだ。つまり録音した音楽こそが本当に聴くべきものであると思っていたらしい。

        recommend

        月曜の朝、ぼくたちは
        月曜の朝、ぼくたちは (JUGEMレビュー »)
        井伏 洋介
        4月12日の日記を見てください。

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode